このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

サイト内の現在位置

ここから本文です

大学案内

学校法人総持学園 鶴見大学行動計画

平成17年4月1日策定
平成27年4月1日変更

学校法人総持学園鶴見大学(鶴見大学短期大学部及び鶴見大学短期大学部附属三松幼稚園を含む。)の職員が仕事と子育てを両立させることができ、職員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1 計画期間

平成27年4月1日から平成37年3月31日までの10年間

2 内容

目標1 計画期間内に、育児休業の取得状況を次の水準以上になるよう促進する。

男性職員…期間内に1人以上取得すること。
女性職員…取得率を80%以上とすること。

〈対策〉
・休業期間中の代替要員確保等の業務支援体制の検討し、実施する。
・全職員に周知・啓発
・管理職に対する制度説明等の実施

目標2 育児休業後に職員が復職しやすくするため、休業中の職員に資料送付等による情報提供を行う。 

〈対策〉
・情報提供内容を検討し、必要に応じて充実を図る。

目標3 平成37年3月までに、年次有給休暇の取得日数を一人当り年間平均10日以上とする。

〈対策〉
・部署別の年次有給休暇の取得状況を調査し、所属長に対して取得状況を定期的に通知し、取得率向上に繋げる。

目標4 所定外労働削減のための措置の実施。

〈対策〉
・仕事の進め方を職場内で見直す。
・職員の意識啓発強化
・管理職の意識改革のための研修を実施
・ノー残業デーを設定し、実施する。