このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

サイト内の現在位置

ここから本文です

大学案内

寄附講座 | 産学連携・研究シーズ

寄附講座とは

教育・研究の進展及び充実を図り学術に関する社会的要請に応えるとともに、教育・研究体制の多様化及び国際化の進展を目的に、学内に講座または研究部門を設置し運営する制度です。
この制度は、個人又は法人若しくは団体からの寄附金に基づいて、鶴見大学及び鶴見大学短期短学部に「講座」もしくは「研究部門」を設置し運営する制度です。

※開設期間は2年~5年と定められていますが、更新することも可能です。
※寄附講座等の設置に係る経費の寄附は、その存続期間にかかる総額を年度ごとに必要な経費を分割して受け入れます。ただし、存続期間に係る総額を一括して受け入れることができることになっております。

寄附講座の申請手続き

企業等企業等からの寄附講座等申込書の提出
大学当該部局の教授会において設置に係る審議・承認
企業等寄附講座等設置に係る寄附金の申込み。
企業等寄附金の納入。

関連資料(申請書・契約書等)